title
hiroshi_murayama
career
top
line
村山 浩 (ジャズピアニスト)

生年月日 1970年(昭和45年)10月23日 東京都出身

E-Mail    hiromimio70@hotmail.com
Myspace  http://www.myspace.com/hiroshimurayama
key

1970
10月23日 東京都出身

1995
慶応義塾大学 文学部 人間関係学科(社会学専攻) 卒業

1995 
横浜ジャズプロムナード・コンペティション 最優秀賞受賞

1995-2005 
東京、横浜のジャズクラブを中心にプロとして活動。多くの主要ミュージシャンと共演。(ジョージ大塚、水橋孝、池田芳夫、中村誠一、大友義雄、福村博、山口真文、大井貴司、リチャード・パイン、大坂昌彦、久米雅之、池田篤、安カ川大樹 等)(順不同敬称略)
また NHKセッション505等のラジオ、各地ジャズフェスティヴァル、レコーディングでも
多数演奏。

1996-2005  
ルーツ音楽院 ピアノ科 講師

2003-2005  
洗足学園音楽大学 ジャズ科 非常勤講師

2005- 
フランス パリに活動拠点を移す。
     パリ及び欧州各地で演奏、現地の多くのミュージシャンと共演。
パリ主要ジャズクラブ Duc des Lombards(デュック・デ・ロンバ),
SunsideSunset(サンサイド・サンセット), BaiserSale(べーゼル・サレ),ChezPapa(シェパパ),Houdon Jazz Club(ウドン・ジャズクラブ),Autour de Midi (オトウ・デ・ミディ),Café Universel (カフェ・ユニヴァーセル),Sept Lezards(セット・レザー),La Fontaine(ラ・フォンテーヌ) etc.....

各地ジャズフェスティヴァルにて演奏
Enghien les-bains Jazz Festival 2006 (ハービー・ハンコック、ダイアン・リーブス 等有名ミュージシャン多数出演)
Versailles Jazz Festivals 2006, 2007 (2週間以上にも渡って開催されるフェスティバル)
Festival Jazz de Mars en Eure-et-Loir (Chartres) 2007
Jazz en la Universidad (Espagne) 2007(スペインで開催された国際色豊かなフェスティヴァル)
Festival Touches de Jazz ( Beynes) 2007(仏ジャズピアノ界重鎮マーシャル・ソラル 等出演)
ValJoly Jazz Festival (Eppe- Sauvage) 2007
Festival Théâtre Phalsbourg 2007
横浜ジャズプロムナード2008
Jazz sous les pommiers (Coutances) 2010(ノルマンディの伝統的な大規模なフェスティヴァル)
Festival des Jazz Région de Chemillé 2010
Jazz à Juin les Pins (Antibes) 2010(南仏のフランス最大級のフェスティヴァルに自己のトリオで出演、マイルス、コルトレーン、キース・ジャレット等のライブレコーディングでも有名)
Jazzy Colors festival international jazz(Paris)2010 (パリの国際的フェスティヴァル、日本代表として、オランダ文化センターに自己のトリオで出演)

日仏文化交流の舞台にて演奏
第一回 KINOTAYO映画祭 2006(日仏それぞれのカルテットが演奏、日本代表のピアニストとして)
こいのぼり・世界の子供の日(日本文化センター・Espace HATTORI 主催/在仏日本国大使館 後援)2007(日本人琴奏者MiekoMiyazakiとビルエヴァンスのナンバーを演奏)

2006
フランス人ドラマー、ダヴィッド・ジョルジョレとカナダ人ベーシスト、クリス・ジェニングスとトリオを結成、パリを中心に活動。

2007
'Keita Maruyama' 08SS パリコレクション 2007

2008 
初めての日本帰国ツアー(奈良・千葉・東京5箇所)フランス人アルト奏者ジャン・ミシェル・クシェとのデュオ及び日本を代表するミュージシャンを交えたカルテット等で演奏。音楽的にも文化交流の面からも、賞賛される。

2009 
日本人ベーシスト、安ヵ川大樹 とフランス人ドラマー、フィリップ・ソアラとの
自己のピアノトリオアルバム 《 Ballad of Lyrics 》(2008年パリ録音)を“D-Musica'”レーベル(http://www.d-musica.co.jp)から日本で発表。

12月トリオメンバーによる20か所に及ぶ日本ツアーを敢行、成功をおさめる。

2010 
《 Ballad of Lyrics 》フランスの“アンテグラル・ジャズ” (http://www.integralmusic.fr/index.aspx)よりフランス、ベルギー、スイスにディストリビュートされる。

2010 5月 
“アンテグラル・ジャズ”のアーティストとして、由緒あるパリ・シャトレ劇場に出演

ヴォーカリスト、ミッシェル・ヘンドリクス(ジャズヴォーカルの父、ジョン・ヘンドリクスの娘)をゲスト、パリ・デュック・デ・ロンバを含む2つのコンサート
2010 12月、アメリカ人ヴォーカリスト、ティナ・プロヴァンザノのレコーディングにて自己のトリオにて参加。全曲アレンジを担当、アルバム《 Jazz In 》としてアンテグラル・ジャズよりリリース。
フランス人サックス奏者、グザヴィエ・リシャルドのレコーディングにも同様、自己のトリオで参加。アルバム《 Back to the Present 》としてセイフティ・レコードよりリリース。

2011 
デンマーク人サックス奏者のカルテットのメンバーとして、4月、10月に2度の日本・韓国ツアー、9月に中国・北京のナインゲート・ジャズフェスティヴァルに出演。
2011,11月ジェーン・バーキンのサポートメンバーとしてフィンランド・ヘルシンキにおけるコンサートでセルジュ・ゲンズブールの歴史的ナンバーを演奏。

2012 3月 
グザヴィエ・リシャールドのCD発売、グアドループ・ツアーに参加。

ヴォーカル・スキャットの第一人者アメリカ人シンガー、ボブ・ストロフ(彼の教え子ではボビー・マクファーリンがいる)のマスタークラス・コンサートで伴奏をつとめる。

2012 6月 
《 Ballad of Lyrics 》と同じメンバーによる自身の2枚目のピアノトリオアルバム《 First Dragon 》 を“アンテグラル・ジャズ”よりヨーロッパでリリース。同年9月にパリ日本文化会館にて、11月サンサイドジャズクラブにおいてCD発売記念コンサート。

2013 
ジェーン・バーキンのヨーロッパツアーに参加(フランス各地、スイス、ベルギー、ヨルダン、パレスチナ、ドイツなどで演奏)

2013 6月 
ボブ・ストロフ・マスタークラスをサポート。

現在自己のトリオ他、ホーン奏者、ヴォーカリストのプロジェクトにも参加。アレンジの依頼も多い。
自己のトリオでは、オリジナルを中心としつつもジャズの伝統を尊重し、トリオコミュニケーションの探求、及び欧州と日本のミュージシャンの音楽的信頼に基づいた、パーソナルな関係構築を目標としている。


menu actualite concert photo line contact