title
balladoflyrics
top
ballad of lyrics
key
私が、村山浩のジャムセッションで演奏するのを耳にしたのは、一年前、私自身が演奏していた晩、パリのデュック・デ・ロンバにおいてであった。
私は、彼のジャズピアノへのとても "クラシック"なアプローチに興味を抱いた。
"クラシック"という言葉で言いたいのは、エレガントに、美しいハーモニーとともにスイングする、ジャズの伝統においてのそれである。
最近、彼は私に、安カ川大樹(Bs)、フィリップ・ソアラ(Ds)とともに、パリで録音した音源を聴かせてくれた。
そこで私は、このピアニストの数ある長所を十分に認めることができた。
驚くべき明快で澄んだ音色、正確な音の組み合わせ・配置配列、そしてレパートリーの選択における趣味の良さ。
そのレパートリーについて、村山 浩の諸作品のリズムとハーモニーの豊かさに、
私は関心をもった。
"Ballad Of Lyrics (For Lilika)"は、メロディのセンス、叙情性、感受性とともに、ビル・エバンスの洗練を思い出させる。とても美しいバラードである。
非常に早いテンポで演奏されている、ディジー・ガレスピーの"BeBop"にも同様に私は驚かされた。”古典美”に加えて、彼のビ・バップへの理解を認めることができる。"Freemason"においては、浩はこの入り組んだコード進行のうえで、とてもスムーズである。バート・バカラックの歌曲、"The Look Of Love"はとても独創的であり、4分の7拍子のアレンジがなされている。この変拍子のうえで、流れるようでいるのは容易ではないが、浩はそこでも全くリラックスしなめらかだ。
"New Change Up"は私たちに、このピアニストの作曲における才能の別な面を示している。
ここでは、神秘的な雰囲気が放たれていて、やはり彼が豊富な創造力を持っているということができる。
私は、ゆえに、この録音を聴き、たいへん満足した。
そして村山浩がジャズピアニストとして、大いなるキャリアを約束されていると確信している。
彼はすでに素晴らしいジャズマンであるが、私は彼を祝福しつつ、彼がふさわしい承認を手にすることを願う。

ジャズ・ピアニスト  アラン・ジャン・マリー

menu biocraphie concert contact photo line
「至芸、受け継ぐピアノ。切り拓く新たなる伝統。」

驚くべき明快で澄んだ音色、正確な音の組み合わせ・配置配列、
そしてレパートリーの選択における趣味の良さ。

大いなるキャリアを約束されていると確信している。
line2
1 . Ballad of Lyrics ≪ For Lilika ≫ ( Hiroshi Murayama )
2 . BeBop ( Dizzy.Gillespie )
3 . Come Rain or Come Shine(Harold.Arlen ,Johnny.Mercer)
4 . Coming from the Seine (Hiroshi Murayama)
5 . Freemason (Hiroshi Murayama)
6 . The Look of Love(Burt.Bacharach ,Hal.David)
7 . My Funny Valentine (Richard.Rodgers ,Lorenz.Hart)
8 . The Deep Valley (Daiki Yasukagawa )
9 . New ChangeUp (Hiroshi Murayama)
midashi
release
試聴

レーベルサイト
D-musica
http://www.d-musica.co.jp/

Myspace URL
http://www.myspace.com/hiroshimurayama

-最新ライブ映像-
・Live in Jodogahama Park Hotel 01
・Live in Jodogahama Park Hotel 02

firstdragon
2012.11.7 Release
First Dragon
村山浩

パリ在住ピアニスト村山浩。

リリカルに、そしてスリリングにスタンダード、
オリジナルを散りばめたファン待望のセカンドアルバム!

1. First dragon / ファーストドラゴン
2. Metamorphose / 変身
3. Determination / デターミネイション
4. Jeux d'hippocampes / 海馬の戯れ
5. Lennie bird ( Lennie Tristano ) / レニーバード
6. For the man / フォー ザ マン
7. Are we alone ? / アー ウィー アローン?
8. Autumn leaves ( Joseph Kosma ) 枯葉

視聴.jpg

レーベルサイト
D-musica
http://www.d-musica.co.jp/

『First Dragon 』 批評 (「 Classica 」 sep. 2012 , France)

村山 浩は、幾度も聴かれている彼のトリオや、他方での伴奏者として、すでにパリのジャズクラブの聴衆にとって、無名の存在ではなくなっている。
この40代のジャズの歴史に熟練した玄人は、彼の美しく輝くフレージング、とても自然で明快なプレイ、そして繊細でありかつ、感情過多に陥らずとも、それでもなお常にスイングすることを、このディスクで確固たるものにしている。
彼の6曲のオリジナル曲は、洗練されたハーモニーと詩想(ポエジー)とを調和させている、ある種のインスピレーションをも示している。
それにより、心をひかれる2曲のスタンダード(レ二―・トリスターノのレ二―・バードと枯葉)は、豊かであり、たとえそらで知られていると思っていても、再び生命を取り戻している。
竜と海馬(タツノオトシゴ)とが仲よく住まうこの素晴らしいディスクの聴きどころは、全くもって少なくはない。“
         
Jean-Pierre Jackso, ジャン・ピエール・ジャクソン
(音楽家、作家、映画監督、俳優、脚本家、作曲家、ジャーナリスト)